読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷で働く人事のブログ

渋谷区の一部上場企業で、新卒採用を担当しています。年間1,000名以上の就活生と会う中で感じることや、日々の考えをシェアします。

現役人事が教える!自己分析から志望動機を創る正しいやり方

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。


内定を取るためには、自己PRと同じくらい、志望動機が重要。

数々の採用基準のうち「将来的に成果が出せるか」は極めて重視されるファクターですが、能力が同じであれば熱意によって成果に差が生じるもの。

だからこそ、どれだけ自社に熱意を持ってくれているかを、採用担当者は見極めようとします。


企業への熱意を伝えるためには説得力のある志望動機が欠かせませんが、いくら企業分析をしても、それだけでは説得力のある志望動機につなげることはできません。

そこで本日は、自己分析を通じて「あなたにしか語ることのできない志望動機」を創る方法をご紹介します。


志望動機とは

そもそも志望動機とは「なぜその会社で働きたいのか」の根拠となる理由です。

ひたすら会社の事業内容や経営理念を褒めちぎったものは、志望動機とは言えません。(にも関わらず、多くの学生がこれをやってしまいます)

事業内容や経営理念に共感したり賞賛することによって、相手の会社を調べていることは伝わるでしょう。

しかしそんなものはHPさえ読み込めば誰でも言えること。

なぜ「あなた」が「その会社」を志望するのか(その会社でなければならないのか)は全く伝割りません。


採用担当者を納得させるためには「私はこんなことをやりたい。なぜならばこうだからである。だから御社しかない」というロジックが必要です。

あなたは何がやりたいのか?

そのためには、まず「どんなことがやりたいのか?」「なぜやりたいのか?」という就活の軸を探します。

先日までの記事でも触れたので詳細は割愛しますが、以下の流れで自分史を作ることが起点になります。

  • 中学・高校・大学時代に打ち込んだことをすべて洗い出す
  • それぞれの経験を1つひとつ深掘りする
  • 頑張れた・続けられた理由から自分の情熱の対象を導き出す

すると、「何をやりたいのか」「なぜやりたいのか」という、志望動機の軸が見つかります。


もし「やりたいこと」がピンポイントで見つからない場合は、抽象からのアプローチも良いでしょう。

すなわち「将来、どんな自分になっていたいか」「どんな環境でがんばりたいか」「周囲の人たちに、どんな影響をあたえたいか」など、概念を具体化していく流れになります。

いずれにせよ、主軸が「自分」であるということを忘れないようにしてくださいね。

どんな会社ならそれができるのか?

続いて、やりたいことを軸に、どんな業界・会社・職種であればそれが実現できそうかを突き詰めていきます。

まずは食わず嫌いをせずに、様々な企業の事業内容・業務を分析し、具体的な仕事内容を調べていきましょう。

そして、その仕事内容の中で、どのようにすれば「自分のやりたいこと」に取り組めるのかを考えてみましょう。

「やりたいこと」と「会社の業務内容」の重なったポイントが、志望動機のコアになります。

おわりに

志望動機に必要なのは、以下の3点です。

すなわち、「何をやりたいのか?」「それはどうしてか?」「なぜこの会社でなければならないのか?」。

この3つが網羅され、つながりがあれば、熱意が伝わる説得力のある志望動機となります。

ポイントを意識して、がんばってくださいね!

現役人事が教える!効果的な自己PRのやり方とは

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

就職活動をしていた当時、「自己PR」という言葉が苦手でした。

いかにも「採用されたいがために自分を良く見せるんだ」という意識が透けて見えるような気がしてしまったためです。

あの頃に戻ることができたら、当時の自分を叱ってやりたい気持ちでいっぱいです。

賢明な読者の皆さんは既にお気づきでしょうが、自己PRは就職活動において最重要と言っても過言ではありません。

というわけで本日は、効果的な自己PRのやり方をお伝えします。


なぜ自己PRが必要なのか?

どんなにアウトプットの質が高い人間であっても、その内容を周囲に伝えることができなければ、組織としての成果を最大化することはできません。

同じように、いくら優秀な人材でも、その「優秀さ」を採用担当者に伝えることができなければ、採用に至ることはあり得ません。

すなわち、就職活動においては、自己分析を通じて自らの強みを洗い出すだけでは不充分であり、それを自己PRという形で可視化し「相手に伝える」ことが不可欠になります。


仮に面接の場では話が盛り上がったり、キラリと光るものを感じたとしても、面接官は同僚や上司にその結果を「言葉で」伝えなくてはなりません。

もしあなたの自己PRが分かりづらい・伝わりづらいと、その採用担当者があなたを社内にプッシュすることができません。

「なんとなくイケそうな気がする」では通用しないからです。

だからこそ、あなたは再現性のある「言葉」で面接官にあなたの良さを伝えてあげる必要があるのです。

説明しやすい自己PRとは?

面接官が後々他人に説明しやすいかという観点から考えると、自己PRは以下の構成になっていることが親切です。

  • 結論(あなたの長所)が明確になっている
  • 長所の根拠となる経験がある
  • それを活かして○○をしたいというビジョンがある

すなわち、過去(経験)から現在(長所)が導かれ、それが未来(ビジョン)に繋がっているか。

1つひとつの尤もらしさではなく、「繋がり」が最重要視されます。

最も大切なこと

過去・現在・未来の観点で語る中で、当然ですが「未来」が最も大切です。

なぜならば、「会社に貢献できる人」を採用することが面接官の仕事だからです。

とは言っても、例えば「私の長所は○○です!」と言われただけで「なるほど!ではこの部長のもとでこんな仕事をやってもらえば、これくらいの成果が期待できるな!」と思い描ける面接官ばかりではありません。


「○○という長所は、うちの会社にとってどんな意味があるのか?」

「学生と社会人では環境が変わるけど、それでも強みが発揮できるかな?」

「同じ長所をアピールする人が沢山いる中で、この人でなくてはならない理由があるかな?」

などと言った迷いを生じさせないためにも、「私の強みはこの会社(仕事)でこんな風に活かせる」というところまで落とし込んであげましょう。

おわりに

相手の立場で考えること、仕事においても大切なこの思考法が身につけば、就職活動にもきっと役立つはず。

「面接官も、別の誰かに『あなたの良さ』を説明する必要がある」と考えると、面接であなたが伝えるべきことが自ずとクリアになるのではないでしょうか。

現役人事が教える!自己分析を自己PRにつなげる方法

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

自分史を作ったからと言って、そこからスムーズに自己PRに繋げられる方ばかりではありません。

途方に暮れているあなたのために、自分史を活かした自己PRの作成方法を解説します。


アピールできる強みを洗い出す

先日の解説通りに自分史ができあがっていれば、ある程度は「自分の強みってこんなことじゃないかな…」というものが浮き彫りになっていることでしょう。

まだの方は、個別の経験についてさらに深く分析し、いずれの経験でも発揮されている「共通点」がないか、探してみてください。

それがあなたの「強み」になる可能性が高いですが、そこで油断せず、それが本当に普遍的な「強み」と呼べるのか確認が必要になります。


上記の経験は、少なからずあなたにとって特別な意味を持つできごとであったり、興味を持って自主的に取り組んできたこと。

反面、仕事は小さなことをコツコツ積み重ねる必要があったり、決して気が進まないこともあります。

すなわち、自分の興味度や意味合いに関係なく、コンスタントに発揮できる「強み」が重要になってきます。

「火事場のバカ力」だけでは、やっていけないのです。


だからこそ、上記の「強み(?)」が日常生活やふとした場面でも発揮されているかを確認しておいてください。

もしそうでなかったとしたら、その「強み(?)」は使用機会が限定されるスペシャル技。あなたの本当の強みはきっと他にあるはずです。

その強みを裏付ける経験を見つける

主張には、根拠が必要です。この場合、長所を裏付ける根拠は学生時代の取り組みや、トラブルを乗り越えた経験ということになります。

この経験談に説得力や信憑性があるかどうかによって、あなたの長所が揺るぎないものとして相手に伝わるかどうかが決まります。


だからと言って、派手なエピソードや華々しい成功体験である必要はありません。

企業が重視しているのは、自主的に何かに取り組むことができるか、そこから何かの学びを得たり、より高い効果を上げようとする向上心があるか、などです。

取り組みの規模や、その結果だけをみているわけではありません。


極端な話、「毎日実家の皿洗いをやりました」というエピソードでも、そこに主体性や問題意識、なんらかの改善・成長などが伝われば、間違いなく高評価です。

地味であるとか大したことないだろうと自分で安易に判断せず、自信を持って「真剣に打ち込んだ活動」を選んでください。


無事に真の「強み」とエピソードが見つかったら、最後にそれに名前をつけましょう。「粘り強さ」でも「負けず嫌いさ」でも「完璧主義」でもなんでも結構です。

これがあなたを表すキャッチフレーズになります。後述しますが、面接官はこのキャッチフレーズをもってあなたのことを語りますので、これが冗長であったり分かりづらいものであってはいけません。

「私は○○な人間です!」「私を動物に例えたら○○です!」のように憶えやすく、かつエピソードと矛盾しない内容にしてくださいね。

入社後のビジョンを語る

もう一歩進めた自己PRのためには、その強みを「入社後、どんな場面(仕事)でどのように活かしていきたいか」まで語ることが求められます。

自分の強みと、志望している会社の業務を理解した上で、「自分の長所がどう活かせるか?」を語りましょう。

そのためには、志望企業の業務をしっかり分析する必要があります。すなわち取り組みたい業務の内容、どんな能力が求められる(と考える)か、について自分の言葉で答えられるようにしていてください。

ここまで説明できれば、面接官としては自信を持って次のステップに推薦することができます。

おわりに

なぜここまで周到に自己PRを用意しなければならないのか、疑問に感じることはありませんか?

実は自己PRって、自分だけのためではなく「相手」のためでもあるのです。

明日はそのあたりを解説したいと思います。

現役人事が教える!正しい自分史の作り方

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

今日は、自己分析における王道中の王道、自分史の作り方について解説いたします。


過去のできごとを洗い出す

まずは、小学校くらいから現在までの、思い出に残っている出来事や何かに打ち込んだ経験をひたすら洗い出していきます。

小学校時代というのはあくまで目安ですので、別に中学校だろうと幼稚園だろうと構いません。

また、近い時代からの方が思い出しやすければ、最近のことから始めて徐々にさかのぼってもよいでしょう。


このとき、「他人にとってのインパクト」や「面接で使えそうか」などは一切考慮する必要がありません

10年経っても残っている記憶なんて、経験したことや考えたことの、ほんの一部。

すなわちあなたが今思い出していることは、良くも悪くもあなたにとって大きな意味のある出来事なのです。


また、この段階では、前後関係やその時の感情などを詳しく思い出す必要もありません。

「小学校のとき、運動会の徒競走で1位になった」

「そろばん教室がすごく楽しかった」

「国語の先生が面白くて大好きだった」

そのレベルで結構ですので、ある程度時間をかけて、とにかく数をたくさん集めてください。数が多いほど、深い自己分析が可能になります。


また、人間であれば誰しも必ずや何かしらの失敗や後悔していることのひとつやふたつはあるはず。

ポジティブなできごとだけでなく、ネガティブなできごともたくさん思い出してくださいね。

後々のために、1年間あたり最低でも30〜50個はネタを用意しておきたいところです。

その経験を掘り下げる

ダラダラ思い出にふけっていても仕方がないので、目安として1年を振り返るのにかける時間は1〜2時間程度。

ある程度ネタのストックができたら、今度は1つひとつの経験を具体的に掘り下げていきます。

好きだったことや物であれば、なぜ好きになったのか、いつ頃から好きになったのか、どんなところが好きだったのか、いつ頃まで好きだったのか、なぜ好きでなくなったのか、それにまつわる思い出、など。

取り組みや活動であれば、なぜ始めようと思ったのか、どんなところが面白い・楽しいと感じたのか、なぜ続けようと思ったのか、続けていく中で感じたことや学んだこと、なぜ辞めずに続けることができたのか、など。


失敗であれば、それはいつ起こったのか、どんな内容だったのか、誰が関係していたのか、なぜ起こったのか、どのように対処をし、結果としてどうなったのか、それを受けてどう感じ、何を学んだのか、など。

後悔していることであれば、何を後悔しているのか、その当時はなぜそのように行動したのか、どうすべきだったと思うか、今だったらどうすると思うか、など。


こういったことを、とにかく微に入り細に入って掘り返し続けてください。

当然トピックによって掘り下げられる深度に差が出てくるはず。それがあなたの思い入れの深さを表します。

ひたすらその繰り返し

あとはひたすら全てのネタに対して掘り下げ作業を繰り返していくことになります。

忍耐力と気力の求められる作業ではありますが、ここをなおざりにすることは失敗のタネ。

就職活動において後悔していることとして、もっと自己分析をちゃんとやっておけばよかったという答えが最も多いことからも、重要性が理解いただけるかと思います。


自己分析というとESのネタ探し、志望動機の肉付け、くらいに考えている学生も多いようですが、とんでもない。

面接で連敗が始まってから慌てて自己分析をやり直すようでは遅すぎます。

就職活動が解禁となる3ヶ月前には取り掛かり、「今の段階ではこれ以上できない!」というレベルにまで仕上げておくことを強く推奨します。

おわりに

自己分析の重要性について、少しでも実感いただければ幸いです。

明日からは、具体的に自己分析からどのように自己PRや志望動機につなげていくかについて、説明したいと思います。

【超初心者向け】自己分析って何するの?

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

自己分析は大切、もっと自己分析をやっておけばよかった、などなど就職活動に取り組む皆さんであれば一度は耳にされたことがあるでしょう。

でも、実際に経験をしてみないと、なんでそこまで重要なのかはなかなか理解しづらいもの。

今日はこれから就職活動を始める・あるいは始めたばかりの皆さんに向け「自己分析って何?」をお伝えします。


そもそも自己分析とは?

自己分析というと小難しいように聞こえるかもしれませんが、目的はシンプルです。

それはすなわち、あなたの価値観を知ること。

あなたは人生において何を大切にしたいのか。どんな人と過ごし、何を得たいのか。あるいは、何を避けたいのか。

当然ながら、これには良い・悪いはありませんし、「これが正解」というものもありません。


人生であなたが出会った出来事、下した判断、周りの環境によって、どのような「あなた」が形作られたのか。

それを振り返り、自らの考え方や大切にしたいものを認識し、価値観を明確にする作業。それが自己分析です。

決して、うまい自己PRやロジカルな志望動機をひねり出すための作業ではありませんので、まずそこをしっかりと認識してくださいね。

なんのためにするのか?

自分のこれまでを振り返り、形成されてきた価値観を知ることは、自ずと自分の将来や就きたい仕事が見えてきます

本来、就職活動というのは「入りたい会社」があってそれに自分を合わせるものではありません。

むしろ「こうありたい自分」が先にあって、それを実現できる会社や仕事を見つけるという順番であるべき。

自分は何に喜びを感じるのか。どんなときにやりがいを覚えるのか。どんな環境なら力を発揮できるのか。

「こうありたい自分」を見つけるためには、過去を振り返り、自らの価値観を認識する必要があるのです。

どのような流れでするのか?

自己分析においては、3つの ”ing” が重要と言われています。

  • Having(何を手に入れたいか)
  • Being(どんな人間になりたいか)
  • Giving(どんな影響を与えたいか)

言い換えれば、Havingは個人的な願望(「年収○○万円」「ポルシェに乗りたい」など)。

Beingはセルフイメージ(「尊敬される人間でありたい」など)。

Givingは志(「飢餓や貧困をなくしたい」「若者が夢を持てる社会をつくりたい」など)と言ってもよいでしょう。


HavingやBeingは割と誰でも思いつきますが、最も重要なのはGivingにたどり着くこと。

最終的には自分の”Giving”を見つけることが、自己分析の目的だと思ってくださいね。

そのための手法としては、自分史を作るというやり方が最もオススメです。

おわりに

自己分析というものは、一度やっておしまい、という種類の作業ではありません。

また、人生は日々アップデートされますので、これで完璧、という状態もあり得ません。

特に就職活動中には、価値観がガラッと変わるような出会いもあるでしょう。

だからこそ折に触れてやり直し、常に最新・最善の状態に保つ必要があるということを、お忘れなく!

【書評】入社1年目の教科書(岩瀬 大輔・著)

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

今日の書評は、開成→東大→ボスコン→ハーバードという、日本で就活をしている者なら誰もがひれ伏すであろう最強キャリアを歩んできた著者からの一冊です。

内容

ベテランも新人も、今日から仕事への取り組み方や考え方がすぐに変わり、一生役に立つ「指針」となる一冊。

東大×MBAで30代でライフネット生命保険の副社長になり、ダボス会議の「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出された著者が初めて語る、仕事における原理原則とその具体的方法。

Google Books より)

タイトルには「入社1年目」とありますが、それに関わらずこれから社会人になろうとしている全ての学生に読んでほしい一冊だと感じました。

それほど厚くなく、サラッと読めるのもとっつきやすいと思います。

印象に残ったフレーズ

・何があっても遅刻はするな(P.020)

・単純作業こそ「仕組み化」「ゲーム化」(P.030)

・会議では新人でも必ず発言せよ(P.052)

・コミュニケーションは、メール「and」電話(P.091)

・ペースメーカーとして、資格試験を申し込む(P.127)

・敬語は外国語のつもりで覚えよ(P.145)

・宴会芸は死ぬ気でやれ(P.174)

・何はともあれ貯蓄せよ(P.207)

感じたことなど

著者の歩んできた道のりからして、いかにも「意識高い系」の、上から目線の論調が繰り出されるかと思いきや、それこそ入社1年目に先輩から言われるような「普通」な内容がほとんど。

目次だけを眺めた時点では、どこかで聞いたような言葉が並んでいると感じる方も多いでしょう。

だからと言って、内容が薄いというわけではありません。


その裏側には「自分はこれを実践することで、常に高いレベルでのアウトプットをしてきた」という強烈な自負を感じました。

口調は決して押し付けがましくないものの、著者の実績が圧倒的な裏付けとなって説得力を持ち、この人が言うならやってみよう…と思う方も多いことでしょう。

目先の効率化やノウハウだけでなく、しっかりと「考える」ことを求めており、実戦すれば脳力が鍛えられそうです。

おわりに

もちろんここに書いてあることをやったからといって著者のようになれるというわけではありません。

しかし、自らを振り返っても、そして周囲を見渡しても、そんな「普通」のことすら完璧にはやれていない人がほとんどだということでもあります。

イチロー選手の言葉にもあるように、誰にでもできることを誰にもできないレベルでやり続けるからこそ一流になれるということなのでしょう。

岩瀬さん、良い本をありがとうございました。

ナビサイトがオープンした今だからこそ考えてほしいこと

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

2017年も、3月1日に就活ナビサイトがオープンしました。

弊社も含め多くの企業がこれに合わせて採用広報活動を解禁し、就活生の皆さんはますます忙しい日々が始まります。

そんなタイミングということもあり、今日は人事という立場ではなく、就活の先輩としてお話をしたいと思います。


最近の就活生を見ていて感じること

これまで採用担当として多くの学生さんとお話をしてきましたが、インターンシップや説明会のときにも

「周りが就活に打ち込んでいるのを見て、何かしようと思った」とおっしゃる学生がとても多いように感じます。

そして、ここ数年間、こういった傾向に拍車がかかっているように思います。


もちろん、自分の就職活動をふり返ると、偉そうなことを言える立場ではありません。

私が就職活動をしていた当時は12月1日がナビサイトの公開日でしたが、やはりこの頃から色々な活動に本腰を入れたのを憶えています。

でも、そこには「自分」という主体がなかったような気がしてならないのです。

就職活動は何のため?

皆さんが就職活動に取り組むのは、何のためでしょうか。

周りがやっているから、何となくで始めるものですか?

就職人気企業ランキング上位の企業に入社するためですか?

とりあえず内定をもらって安心するためのものですか?


違いますよね。

自らがどうありたいか、どんな人生を送りたいか、どんな会社であればそれに向かっていけるのか。

社会人として、どう人の役に立ちたいのか、そのためにどんな環境で力を発揮したいのか。

「まず何をしたいのか」を考えるところから就職活動は始まるはず。

その帰結として「新卒では就職をしない」「留学をする」「起業をする」といった結論に至るのも大いにアリだと思います。


もちろん、現在の日本において「新卒」という切符が持つ意味は大きく、また貴重なものになります。

ですので、就職活動がキツい、ツラいからといって他の選択肢に「逃げる」ことはしていただきたくないと思います。

でも、はじめから他の選択肢を視野に入れず、新卒で就職することにこだわる必要もありません。

ナビ偏重に危機感を!

この数日間で、ナビサイトを通じて自分に合いそうな企業を探し、エントリーをして、説明会の予約をした方も多いでしょう。

しかし、自分に「合った」企業って本当にナビサイトの情報から見つかるものでしょうか?

「条件」での絞り込みはできるかも知れません。しかし、組織風土や人の良し悪しは数値化できません。

また、仮に文字や写真でそれが表現できたとしても、あなたにフィットするかどうかは別問題です。


いちばん問題なのは、ナビサイトを活用して色々な活動をすることで就職活動をやった気になってしまうことだと思います。

企業にエントリーして、説明会に参加して、面接を受けるのだけが就職活動ではありません。

流されて「作業」をするのではなく、主体的な「活動」をしてくださいね。

おわりに

自分が今後の長い人生の中でどんなふうに生きていきたいのか。

そのためにどんな働き方をしたいのか、どこで働くことが最善の道なのか。

焦ったり、周りに流されたりすることなく、何が幸せなのかを見極めてください!