読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷で働く人事のブログ

渋谷区の一部上場企業で、新卒採用を担当しています。年間1,000名以上の就活生と会う中で感じることや、日々の考えをシェアします。

業界研究にオススメの書籍

こんにちは、渋谷で働く人事のブログです。

昨日のWebサイト編に引き続き、今日は業界研究に使える書籍をご紹介します。

今日ご紹介する2冊はまさに基本中の基本ですので、もし未読の方がいたら即購入をオススメします。

たかだか1,000円程度の投資を惜しんで、就活に後悔を残さないでくださいね。


業界地図

よっぽど自分のやりたい仕事が明確になっている人でなければ、まずは業界動向は全体的にどうなっているのかを把握することから始めた方がよいと思います。

日経経済新聞社が発行している「業界地図」は幅広い業界が網羅されており、気になる企業の業界内での立ち位置なども大まかに把握できるでしょう。


もうひとつのメリットは、業界同士のつながりが視覚的に理解できること。

文章量はあまり多くないためサラッと読めるかと思いますが、世の中の動きを知るには充分。

業界動向は政治や国際、経済の動きに左右されることも多いため、日本経済新聞を読み始める前の基礎知識導入用としてもオススメです。

あらゆる業界の勢力関係を図解した、もっとも売れている『業界地図』の最新版です。『会社四季報』の経済記者が、全ページを精魂込めてアップデートしました。

6年連続売上No.1(*類書販売部数、全国大手書店各社調べ)、累計部数110万部突破!

メイン地図に加え、トレンドを解説する図表や欄外コラムまで、業界の情報がぎっしり!ビジネス、就活、投資に役立つのはもちろんのこと、眺めているだけでも楽しい1冊です。

store.toyokeizai.net


就職四季報

普段あまり新聞を読んだり、ニュースを見ずに過ごしている人にオススメなのは、東洋経済新聞社が発行している就職四季報

ニュースを見ていてもいまいちよく理解できない…という方に特に向いています。

5,000社以上の企業情報が業界別に整理され、採用実績・残業状況・有休取得状況・30歳賃金など細かく表示されています。


特筆すべきは、企業から掲載料をもらわずに作成しているという点。

そのため、就活ナビとは違って提灯記事ではない客観的な企業情報を得ることができます。

掲載料をもらわず客観・中立的な立場で制作しているので、会社が出したがらない「離職率」や「有休消化状況」なども掲載。イメージだけでは見えてこない会社の全容がわかります。

採用実績、有休取得状況、離職率、待遇など人事に直接聞きづらい情報が盛りだくさん。インターンシップを含む最新の選考情報から採用人数・配属先まで徹底調査。

業界・企業選びから選考対策まで、「企業研究」はこの1冊でバッチリ!すべての就活生に送る先輩イチオシの「就活バイブル」です。

store.toyokeizai.net

おわりに

繰り返しになりますが、この2冊は本当にはじめの一歩だと思ってください。

当社に内定した学生も、全員が目を通しています(筆者調べ)。

これを読まずに就活をするのは、「ひのきのぼう」と「ぬののふく」で冒険に出るようなもの。

買うだけでなく、きちんと「そうび」をしないと役に立ちませんので、お気をつけて。